猫達と楽しむ癒しカフェ
「猫cafeぷりむろーず」
営業時間 13:00〜20:00 / 土日祝 11:00〜18:00
定休日 月・木(祝日の場合は営業)
お電話でのご予約はこちら
025-520-7514

幸せを運ぶ猫

おはようござます。
猫cafeぷりむろーずの新野です。

今日も、お読みになっている方ありがとうございます。

今日は木曜日なので定休日です、また明日13:00からOPENです。

猫のしっぽは本当にいろんな形があります。
兄弟でも長さや、太さ、途中でちょっと曲がってる子、まっすぐしなやかな子。

海外では、曲がってるしっぽの猫は「幸せを運ぶ猫」と言われていて、
その曲がってるしっぽに幸運を引っ掛けてくると言われています。

しっぽの形は遺伝であり、
さらに猫によって個性が違うだけのことで、
生命体としてなんらかの問題があるわけではありません。

人間の体も、モデル体型の人がいたり、
骨太でぽっちゃり体型の人がいたりと、
色々な形があるのと同じ理由になるのです!

猫の骨は230から、多い猫では250個あるといわれていて、
しっぽの長い猫は骨が多いのです。

そして、しっぽの曲がってる猫同士が繁殖しないと、
このしっぽのタイプの猫は確実に生まれてこないといわれていて、
これは劣性遺伝が関係しているのです。

現在、日本の西側にしっぽが曲がってる猫が多く、長い猫は東側に多いと言われていて、長崎に特に多く、80%の割合でこのタイプの猫が見られるようですよ。

この地域に尾曲がり猫が数多くいる理由は、どうやら出島が関係しているようです。

江戸時代に鎖国をしていた日本は、
出島で特別にオランダの東インド会社との貿易が赦されていましたが、
この会社は、インドネシアに支社を持っていて、
船で航海をするときの保険として猫を同乗させる条項があったのです。

しっぽの曲がってる猫の遺伝を研究した、
京都大学名誉教授の野澤謙氏によると、
この猫が日本に住み着いたことが理由となって、
この地域に東南アジアに多いしっぽが曲がってる猫が多いのではと考えられています。

現在では、しっぽの長い猫は、福井県滋賀県京都府に多いと言われています。

そういえば、
正月に京都の伏見稲荷神社に行ってきたのですが
しかも、夜中に。
夜中でも結構人がいてびっくりしましたが。

あの有名な千本鳥居を歩いてたら
突然、横の山から1匹の猫ちゃんが降りてきて
私たちの前に来ました。
こっちこっちと案内してくれた人懐っこい猫ちゃんも
鍵しっぽでしたよ。

今年もいいことありそうです。
因みに、おみくじ大吉でした〜♪

関連記事

  1. 猫は人間に対してだけ鳴いている???

  2. くるみちゃん、、、

  3. 猫の乳歯

  4. ハリーが猫カフェ入り口で鳴いてる理由

  5. ネネちゃん

  6. 顔を舐めてくる猫

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。