猫のゴロゴロ音は「骨」を強くする!

おはようございます。
猫cafeぷりむろーずの新野です。

いつも観て下さってありがとうございます。

猫がゴロゴロとのどを鳴らすのは、
気持ちが子猫に戻り、幸せや安心感を抱いているからです。
飼い主さんを母親のようにしたってくれている証です。
それだけでも私たちは嬉しくて癒されるのですが、
この猫のゴロゴロ音には医学的な作用があることが解っています。

2003年、カリフォルニア大学デービス校の研究チームは、
25ヘルツで固定されている猫のゴロゴロ音によって
骨に含まれる骨芽細胞や破骨細胞を活性化し、骨密度の維持に役立っている
という可能性を突き止めました。
猫がゴロゴロと喉を鳴らす音には、免疫力を上げて傷を癒す効果があるのです。

猫と一緒に寝るとき、
猫のゴロゴロ音は体が触れているところだけでなく、
体全体に響き渡るような心地よい感覚になります。
気持ちいいと思ってましたけど、
実際に効果があったのですね。

家庭で猫や犬などのペットを飼う事はアニマルセラピーの一種です。
事実、ペットを飼っている人は飼っていない人よりも
年間20%前後病院に行く回数が減ったと言うデータもあります。
本来は「治療・療法」と言う意味を持つセラピー。
猫と幸せに暮らすことは最強の病気予防法かもしれませんね。



 

関連記事

  1. リスタートして1週間。今後の猫カフェについて

  2. 猫のしっぽ プルプルするときの気持ち

  3. 猫と触れ合うことで幸せホルモンがでる?

  4. 里親希望申し込み用紙

  5. いろんなことあったな。。。

  6. 今年最後の猫cafeぷりむろーず

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。